FTP転送ソフトの設定

詳しくは下記を参照して下さい。
mixhost ヘルプ&サポート
FTPソフトの設定方法


ここではMacで『Yummy FTP Pro.app』の設定を紹介します。

(1) 設定完了のお知らせ

「【mixhost】サーバーアカウント設定完了のお知らせ」メールを用意します。
コピペで使う部分に数字を振りました。

 

(2) Yummy FTP Pro 起動して設定

[1] 追加で新規追加画面です。
[2] プロトコルを『FTPS (SSL/TLS)』に設定
[3] お知らせメールの [3] をコピペ
[4] お知らせメールの [4] をコピペ
[5] お知らせメールの [5] をコピペ
ポートは表示されているままでOK [✓]
[6] 初期フォルダには /public_html と入力
ローカルパスはそのままでOK
[7] このブックマークのタイトルを入力(mixhost 等)

 

(3) ブックマークを表示

わたしは『mixhost』という名前にしました。
『mixhost』用のブックマークをクリックして展開していきます。

 

(4) 『public_html』を展開

『public_html』がWordPressの初期フォルダです。
クリックして展開します。

 

(5) 『wp-content』を展開

ドメイン直下の場合です。
https://アカウント.mixh.jp/ や https://ドメイン.com/ 等にインストールしたWordPressです。
https://アカウント.mixh.jp/wp/ という風にサブディレクトリにインストールした場合は、画像の黄色フォルダのように表示されます。wp 等のディレクトリ名のフォルダをクリックして、『wp-content』を展開して下さい。

 

(6) 『themes』を展開

前項、ファイルマネージャーでやったような作業の紹介です。
『themes』を展開

 

(7) 『親テーマ』を展開

今回は子テーマに足りないファイルを親テーマからもらって来ようと思います。
例)『simplicity2』を展開

 

(8) ファイルをコピー

『entry-body.php』を例にしてみます。
図のように赤枠のファイルアイコンを左のエリアにドラッグします。
左のエリアに水色枠のファイルが表れたと同時にデスクトップにも出現します。

 

(9) 上の階層へ戻る

今回は親テーマから子テーマ用にファイルをコピーするだけなので、赤枠のどちらかをクリックして上の階層に戻ります。
[<]は1つずつ戻りますし、WordPress直下なら、[public_html]ですよね。

 


こんな風に子テーマに無いファイルを加工する場合は、今のような手順で親テーマからコピーしてきて、エディターで加工して、子テーマに追加します。
追加の際は残念ながら『Yummy FTP Pro.app』の左エリアから右側へは入れられないので、デスクトップアイコンを右側にドラッグします。

また、子テーマのファイルを更に加工する場合等は、一旦デスクトップにコピーしたファイルを複製して、『entry-bodyのコピー.php』という名前で残しておくと加工に失敗した場合に元に戻す時に便利です。